テキサスホールデムポーカーのルールを友人にレクチャー

  • 投稿日:
  • by

テキサスホールデムポーカーのルールは、テーブルを囲むようにして着席する事が大前提であると、共に行動している友達に教える。

大会時にはトランプの結果に頼っていますが、カジノであったため空席に座り、ディーラーボタンの位置決めが速やかに行われます。

ボタンが定まった後からカードが配られ始めるのが、テキサスホールデムポーカーのルール。ゲーム進行が時計回りなので、配る時にも同じ方向で行う。

そして最初に決めたディーラーは、最後になるようにしますが、一つ前に座っている者は、事前に定められている額をテーブルの上に出しておかなければならないものの、忘却しているようだったので、提示するように促す。

テキサスホールデムポーカーのルールを良く理解出来てないと、ここをミスしがち。

手元には2枚のみの状況なので、賭ける事に対し違和感を覚えるが、現時点で手元にある物だけで、勝負を仕掛けるのかを判断する。

その後は各々、パスしてベットする値を増やすのかという判断を行い、降参する人を増やすのが、テキサスホールデムポーカーのルール。